プライムツリー赤池 所長 石渡 誠さん

  • 五つ星のホテルのような接客・サービスを志向
  • 愛知初のテナントが集うアダルトな雰囲気の食スペースを提供
  • 今までにない「ひとくふう」を添えたテナントが集結
  • 地域の皆様が自由に利用可能な「パーティールーム」を併設

「☆☆☆☆☆MALL(5STAR)」を目指し、今までのショッピングモールのイメージを一変させるプライムツリー赤池。そのためにはそこに関わるスタッフの質のアップ、ホテル並みの接客とサービスを目指すために人材教育を徹底しています。今回、国内のショッピングモールで初の試みである人体型ロボットインフォメーションを導入。高度なAI会話型システムを連携させて精度の高い会話(4カ国語対応)ができる優れものです。簡単なお客様への対応はこのロボットに任せ、人間のスタッフがよりきめの細かなサービスが提供できるよう努力していきます。出店するテナントは国内初が1店、愛知初が多数の充実のラインアップ。「フードラウンジ」は音楽の生演奏を聴きながら美味しい食事やお酒が楽しめる場としてご利用いただけます。さらにはフードコンテナや屋台をイメージした期間限定出店のスペース「フードキャンプ」を設置、より新しい食体験が楽しめるなど、それぞれの店舗が「ひとくふう」を持ち寄り、ひと味違ったものが提供されます。
MX4Dが体験できるTOHOシネマズ赤池が併設され、大型ビジョンのある吹き抜けの「大階段」やリサイクル図書の設置等により当施設はひとつの情報・文化発信の場所として機能していくことになるでしょう。またキッズエリアではファミリーで楽しめる遊園地やVR併設のゲームセンター、夜の憩いの場としてちょい飲みができるスペース、施設内の充実した「食」を利用しての「パーティールーム(キッチン付あり)」など、地域の皆様が楽しく有効利用できる「ひとくふう」したスペースの提供に努めます。

こちらの記事もおすすめ


TO TOP